FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスティック・リバー

Mystic River    2003年
クリント・イーストウッド


くどいですが、やはりクリント・イーストウッドは主演せずに裏方に徹したほうがいい作品を作っていると改めて思います。

デニス・ルヘインという作家の小説の映画化。


かつて3人の少年たちがいた。

名前はジミー、ショーン、デイヴ。

3人が家の近所で遊んでいた時に、警官が来て、彼らを呼び止める。
そしてデイヴだけが車に乗せられ、連れ去られた。

警官に扮した男にデイヴは4日間監禁され、男たちに性的虐待を受けたのだった。


それから月日が流れ、3人は同じ街に住みながらも現在は交流もなく別々の道を歩んでいる。

強盗の前科持ちのヤクザになったジミー。
刑事になったショーン。

そして、他人より頭一つ飛びぬけた大男でありながら無口で穏やかなデイヴ。


ある夜、ジミーの19歳の娘ケイティが殺されたことで物語は動き始める。

ショーンは早速、相棒と捜査に乗り出すが、犯人への復讐を誓うジミーは密かに独自ルートで犯人を調べ始めていた。

そしてケイティが街を出て近所の男とラスべガスに行くつもりだったこと、殺された晩は夜遅くまで酒場をはしごして、バカ騒ぎしていたことなどが明らかになっていく。

一方、同じ夜にデイヴが深夜に強盗にあったと、血みどろになって帰宅したことから、デイヴの妻は夫がケイティを殺したのではないかと疑い始める。

デイヴの車から血痕が見つかったことで、デイヴは重要参考人として警察に連れて行かれ、デイヴの妻はジミーに犯人は夫だと思うと漏らす。

ジミーはデイヴを呼び出し、娘を殺したと認めるのなら命は助けてやると迫るのだが…


真実は、デイヴは幼少の頃の性的虐待のトラウマから小児性愛者が許せなかった。

そして、そんな男を深夜に見つけた彼は、相手をボコボコにして川に沈めたのだった……


ティム・ロビンスの存在感が際立ち、彼がかわいそうすぎる結末です。

ティム・ロビンス目線で見ていたので、ショーン・ペンが本当に憎たらしくて……

ショーン・ペンって昔、当時の妻のマドンナに暴力を振るったこともあるから、この役とダブって見えてしまう。

ケビン・ベーコンは感情を抑えた静かな演技で、地味な役回りは仕方ないのですが、あとの2人の演技に少し埋没してしまったかも。

アカデミー賞でも俳優陣の演技が高く評価され、
ショーン・ペンは主演男優賞、ティム・ロビンスは助演男優賞を獲得しています。

ストーリーは終始、緊張感が途切れず、テンポよく進んでいきますが、肝心の真犯人が発覚した時のインパクトが薄いのが少し残念です。

殺害動機も弱すぎますね。
そこのひねりが欲しかった。

それにしても、ラストでジミーが妻に自分の罪を告白するシーンで、妻が「王様は娘のために何をしてもいいの。」という台詞に衝撃を受けました。

間違いで無実の人間を1人殺しているのに、そんなことを言ってしまえる神経が信じられないのは私だけ?!(´゚ω゚`)

あんたの家族が間違いで殺されたとしても、同じセリフを言えるか?と問いたい。

いや、このシーンはおかしいです。
看過できません。

そして、デイヴの妻。
確証もないのに決めつけて、ヤクザのジミーに夫が犯人だなんて、なぜ言うのか。

何が起こるかは想像がついたはずなのに。
夫を売るような卑怯な密告者は許せないですね。

ちなみにストーリーとは関係ないですが、ジミーの奥さんが劇中で着ているダイアン・フォン・ファステンバーグのラップドレス。

私もダイアン好きなので、すぐわかりましたが、本当かどうかアメリカ人女性はみんな、ダイアンのドレスを一着は持っているという話を聞いたことがあります。

実際は都市部以外の人は持っていないだろうな……

最近の映画でファッションを楽しめるものは少ないので、こんな硬派なサスペンス映画で、まさか衣装に目がいくとは思いませんでした。

ファッション好きとしては見逃せないポイントです。

話を元に戻して、この作品は一級のサスペンスというか、人間ドラマとしても見ごたえのある作品です。

クリント・イーストウッドの作る映画は、どれも硬派でレベルが高いですよね。

この作品では、とりわけティム・ロビンス演じるデイヴに感情移入してしまい、あまりに悲しい結末に後味の悪さが残りました。

たとえ後味の悪さであっても、これだけ作品を見たあとに深い余韻を残す映画は少なく、素晴らしい映画である証拠だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

この作品を観る度に、思い出すのがスリーパーズという映画です。

ショーンペンの演技は、ベトナム戦争を題材にした、カジュアリティーオブウォーを思い出します。

それにケビンベーコンの共演もなかなかですね。

最近、こちらのブログから観たいと思える映画が増えて嬉しいです。

暑くなってきましので、体調に気をつけてくださいね。

いつも、コメントありがとうございます。

「スリーパーズ」は、かなり前に見ました!
ブラピが主演していた男四人の、硬派な物語でしたね!

「ミスティック・リバー」でのショーン・ペン、ティム・ロビンス、
ケビン・ベーコンの演技は、それぞれ個性があってよかったのですが、

最近はあまり、新作に出てないですよね…

ハリウッドの俳優は、世代交代が早いので、一時期はいい作品に出ていても、
しばらくすると、スクリーンから消えていくパターンが多くて残念です。

これからも古い映画を中心に、感想を書いていきたいと思っていますので、
どうぞよろしくお願いします♪
プロフィール

1018

Author:1018
なかなか映画の話が合う人がいないので、
ここに、好き勝手いろいろ書いていこうと思います。
いいと思った映画しか載せないので、
ここに書いているのは、全部お薦めです!
たまに映画から脱線していますが、気になった映画は是非見てください(^▽^)

※あくまで個人的に映画の感想を書いて楽しんでおりますので、匿名での中傷的なコメントはご遠慮下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。