FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショーシャンクの空に

The Shawshank Redemption    1994年      フランク・ダラボン




70年代から衰退著しい映画産業ですが、それ以降ももちろん減ってはいるものの、いい作品はあります。

こちらは言うまでもない、90年代の名作と言えるでしょう。

NHKBSでやっていたので、久しぶりに見てみました。

スティーヴン・キングの「刑務所のリタ・ヘイワース」が原作。
あらすじは紹介するまでもないですが、一応。



妻とその愛人殺しの罪で、二度の終身刑を言い渡された主人公のアンディ。

彼は無実を訴えるが、愛人宅への侵入や酒ビンの破片、足跡等、全ての状況証拠は彼が犯人であることを物語っていた。

刑務所に収容されたアンディを待っていたのは、
毎日黙々とクリーニング作業をする日々。

そしてアメリカの刑務所につきものの、看守による暴力や囚人同士の強姦等、彼にもそれらの過酷な現実は例外なく降りかかってきたのだった。

刑務所暮らしが二年を過ぎる頃、アンディは塀の中の調達屋であるレッドと会話を交わし、親しくなっていく。

さらにアンディは元・銀行頭取という明晰な頭脳と知識から、看守たち、ひいては所長の税金対策、財産管理、裏金帳簿などにも関わっていくことになる。

アンディの刑務所生活が17年近くたったある日、
一人の若者が刑務所に収監されてくる。

トミーという名の青年はアンディを慕い、勉強の面倒を見てもらうようになるが、ある晩、彼がアンディの妻と愛人殺しの真犯人を知っていることが発覚。

アンディは必死で所長に訴えるが、逆に懲罰房に入れられ、証人であるトミーは射殺される。

アンディは懲罰房を出た後、親友となったレッドに、ここを出ることができたらメキシコで小さなホテルをやりたいと夢を語る。

そして、出所することができたら約束した場所に行き、黒曜石の下を掘ってほしいと告げる。

レッドはアンディの様子がおかしいことを気にするのだが。


結末はご存じのとおりですが、因果応報という感じで腐りきった所長や看守長の最後が見ものです。

でも、生き地獄を味わわせてもよかった気も。

頭脳明晰なアンディとしては抜かりのない計画でした。


そして見どころの一つですが、刑務所内で囚人たちが映画「ギルダ」を見て、ギルダの登場シーンに沸く瞬間。

全く女っ気のない刑務所の中の一時の潤いという感じです。

オールド映画ファンとしても嬉しいシーンです。

アンディの独房の中のポスターがリタ・ヘイワースからマリリン・モンロー、そしてラクエル・ウェルチへと、その時代のセックス・シンボルに変わっていくのが、時間の流れを感じさせて面白いです。

時代設定が40年代から始まるというのもあり、最近の映画には珍しいノスタルジックな空気が全体に流れています。

スティーブン・キング原作ものの映画化は「ミザリー」、「キャリー」、「ペット・セメタリー」、「ゴールデンボーイ」などたくさんありますが、私としてはあんまり好きなものがありません。

キューブリックの「シャイニング」の映像センスは別格ですが。

暗い作品が多いので、「ショーシャンク」はスティーヴン・キングの中では意外な感じでした。

少し異色の良い作品だと思います。

名作ですが、この年に限って「フォレスト・ガンプ」とぶつかってしまい、オスカーを逃す結果となってしまいました。

一年ずれていたら作品賞、監督賞を獲っていたのではないでしょうか。


余談ですが、同じ年のオスカー候補に「パルプ・フィクション」なんかがノミネートされていることに違和感を感じるのは私だけ?

ちょっと作品レベル的にどうなんでしょう?

えー、「パルプ・フィクション」は名作だろって思ってる人には申し訳ない……

話を戻すと、本作で名を轟かせたフランク・ダラボン監督ですが、それ以降がパッとせず、尻すぼみな印象です。

最近は作品レベルを落とさずに、一定のレベルを保ったまま映画を作り続ける監督が少ないです。

昔はハイクオリティな作品を連発し続ける監督がたくさんいたのですが…

とくにハリウッド映画はCGに頼りだした頃から、この傾向は強いと思います。

ネタ切れというのもあるとは思いますが、新しい映画の中で名作を探すと無意識に低予算、CGなしのものを選んでしまう傾向にあります。

今後、ハリウッド映画の底力の復活を願いたいですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いいですねぇ~(*⌒▽⌒*)

やっぱり映画はストーリーが良くないとね(^^)/

CGだけじゃねぇ~(*⌒▽⌒*)

コメントありがとうございます。

最近のハリウッド映画は、映像に頼って、脚本がいい加減なものが多いですよね(>_<)

「アバター」みたいな作品が、世界中で大ヒットする時代だから、仕方がないのかもしれません。

もっと良質で、骨太な作品を観てみたいものです((+_+))
プロフィール

1018

Author:1018
なかなか映画の話が合う人がいないので、
ここに、好き勝手いろいろ書いていこうと思います。
いいと思った映画しか載せないので、
ここに書いているのは、全部お薦めです!
たまに映画から脱線していますが、気になった映画は是非見てください(^▽^)

※あくまで個人的に映画の感想を書いて楽しんでおりますので、匿名での中傷的なコメントはご遠慮下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。