FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質屋

The Pawnbroker   1964年
シドニー・ルメット


私は重く深刻、考えさせられる映画が好きなのですが、こちらは超ド級に深刻な映画です。

シドニー・ルメット監督の作品の中でも少し異色の名作です。



ニューヨークの下町で質屋を営むユダヤ人のソル・ナザーマン。

彼はかつて、ナチスの強制収容所にいた経験があり、腕にはその当時の番号が刻印されている。

そして彼は腕を見るたびに当時を思い出す。
妻と息子が無残に殺されたこと。

それ以来、ソルは心を閉ざして他人との関わりを避けていた。

彼はまた収容所での体験から、神も政治も哲学も信じることができない、金だけが全てだと考えるようになっていた。

そんなソルの元に、弟子入りしたいとヒスパニック系の青年ヘズスが現れる。

冷たい態度のソルに対しても、ヘズスはチンピラながら明るく屈託のない青年だった。

ヘズスの「あなたたちユダヤ人はなぜ金儲けが得意なのか?」という問いに、ソルはユダヤの歴史を語る。

金儲けをすることは迫害され、国も土地も持たない民族が生き延びていくための術だったと。

そして金が全てだというソルに対して、若いヘズスはショックを受ける。

ヘズスは明るく前向きにも見えるが、金が欲しいというチンピラの側面も捨てることはできない。

ヘズスのために金を作ろうと、恋人のメイベルはソルの店にやってきてソルに体を売ろうとする。

しかしその瞬間、フラッシュバックのように、ソルは目の前で妻がナチスにレイプされた光景を思い出すのだった。

一方、ヘズスは周囲のチンピラたちにそそのかされ、金欲しさにソルの店に強盗に入るのだが、チンピラの一人が発砲、ヘズスはとっさにソルをかばう行動をとる。

自分をかばったヘズスを抱き起こし、ソルは叫び声をあげる。

ヘズスを死なせてしまったソルは感情の高ぶりと共に、自らの手を刺して虚ろに街をさまようのだった。


ヘズスは英語名ジーザスで=イエス。

ユダヤ人のソルがイエスを殺したという構図に自らの手を針で刺すという象徴的な行為、これらはユダヤ人が背負ってきた宿命のようなものを感じさせます。

単一民族で単一の宗教の歴史を持つ日本人にとって、民族対立や宗教対立の全てはなかなか理解することができません。

アメリカでは「紳士協定」以来のユダヤ人問題を扱った作品で、ホロコーストを真正面から扱った作品はこれが初だそうです。

ストーリーとは関係ない部分でも、ハーレムを仕切る黒人が男色で白人の男を囲っていたり、売春しようとしたヘズスの恋人が服を脱いだりと、当時としては全てがかなり衝撃的な映画ですね。

いや、今見てもかなりの衝撃です。

ちなみにスクリーン上に初めて女の人の胸が映し出されたのもこの映画だそうです。

いろんな意味でスキャンダラスな映画だと言えますね。

主演のロッド・スタイガーは比較的、地味な俳優ですが、こちらの作品ではその地味さが武器となって、心を閉ざした主人公のキャラクターをうまく体現することに成功していると思います。

ニューヨークの荒廃した冷たいモノクロ映像によく似合うクインシー・ジョーンズの音楽もとてもいいです。

シドニー・ルメット監督の代表作といえば、やはり「十二人の怒れる男」が、まず上がると思います。

もちろんそれも素晴らしい映画ですが、この「質屋」は人間の心の奥深くに突き刺さる作品です。

そして、この映画を作ったルメット監督もユダヤ系だったんですね。

本当にハリウッドはユダヤ系の監督が多いですが、劇中のソルのセリフと同様、ユダヤ人が様々な分野で成功しているのは、長く苦難の歴史を背負ってきた民族に与えられた才能なのかもしれません。

、強い人間不信に陥り、心を閉ざしてしまった主人公が再び人間らしい感情を呼び起こす瞬間。

とはいっても、むしろ主人公はこの先もっと固く心を閉ざしてしまうのではないかと思う結末です。

この世には神も救いもない。
頼れるのは自分だけ。

冷たい現実を突きつけられる形で映画は終わり、それは心に深く静かに爪痕を残します。

私の中でいつまでも心に張りついて忘れられない作品の一つとなりました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

1018

Author:1018
なかなか映画の話が合う人がいないので、
ここに、好き勝手いろいろ書いていこうと思います。
いいと思った映画しか載せないので、
ここに書いているのは、全部お薦めです!
たまに映画から脱線していますが、気になった映画は是非見てください(^▽^)

※あくまで個人的に映画の感想を書いて楽しんでおりますので、匿名での中傷的なコメントはご遠慮下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。