FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦慄の絆

Dead Ringers    1988年
デヴィッド・クローネンバーグ


記念すべき100本目が、この不気味な作品になってしまいました。

私はことあるごとに、クローネンバーグの「ザ・フライ」は「汚ない!二度と見たくない!!」と言っているのですが、「戦慄の絆」は「ザ・フライ」の直後の作品です。

同時期の作品だったので見るのをためらいましたが、これがすごくよかったんです。

私の好みのツボでした。

クローネンバーグが実際の一卵性双生児の怪死事件にインスパイアされて作ったんだそうです。



トロントで産婦人科を営む一卵性双生児のエリオットとビヴァリー。

外見は瓜二つだが、エリオットは社交的で奔放、ビヴァリーは内向的で真面目と、二人は正反対の性格。

しかし二人は固い絆で結ばれていた。

ある日、二人の働く医院に女優のクレアが診察にやってくる。

彼女は子宮が三つの部屋に分かれていて、子供が産めない体だった。

エリオットは遊びのつもりでクレアと肉体関係を持つのだが、何も知らないクレアはエリオットとビヴァリーを同一人物だと思い、ビヴァリーとも肉体関係を持つ。

ビヴァリーはクレアに本気になっていくが、彼らが双子であったという事実を知ったクレアは激怒し、ビヴァリーの元を去っていく。

クレアに去られたショックで精神を病んでいったビヴァリーは、ドラッグに手を出して妄想に憑りつかれていく。

エリオットの介護やクレアが戻ってきたことにより、ビヴァリーの精神は安定してくるのだが、今度はエリオットが精神のバランスを崩していく。

クレアを愛したビヴァリーが自分のところに戻ってこないのではないかという不安に憑りつかれたのだ。

そして今度はビヴァリーが弱ったエリオットの元に駆けつけるのだが。

クレアという女の登場により、エリオットとビヴァリーの関係が少しずつ変わっていき、ついには悲劇を起こす。

特注の手術用の器具、血みどろのシーン、後半の不気味さはこのジャンルの映画では群を抜いています。

互いが依存しあい、一人では生きられない。
他人には計り知れないほどの二人の異常な結びつき。

ジェレミー・アイアンズの一人二役の熱演が素晴らしいです。

こんなに見る者の不安を煽り、異様な空気を漂わせる映画にはなかなかお目にかかれません。

「ヴィデオドローム」が微妙だ、「イグジステンズ」が退屈だと否定的なことばかり言っていますが、実はけっこうクローネンバーグの感性が好きなんやん!と突っ込まれそうです。

陰鬱でタイトル通り、戦慄の走る映画。
人間の静かな崩壊を描いていて、大好きな作品の1つになりました。

我ながら本当にサイコパス映画、大好き!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

1018

Author:1018
なかなか映画の話が合う人がいないので、
ここに、好き勝手いろいろ書いていこうと思います。
いいと思った映画しか載せないので、
ここに書いているのは、全部お薦めです!
たまに映画から脱線していますが、気になった映画は是非見てください(^▽^)

※あくまで個人的に映画の感想を書いて楽しんでおりますので、匿名での中傷的なコメントはご遠慮下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。