FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲望という名の電車

A Streetcar Named Desire    1951年    エリア・カザン



テネシー・ウイリアムズの戯曲は本当に衝撃的でタブーを扱ったものが多く、こちらも例外なく激しく息の詰まるような映画です。




「欲望という名の電車に乗って、墓場で乗り換えて、ここが極楽通りなのかしら?」

冒頭、ヴィヴィアン・リー演じるブランチが列車から降り立つところから物語は始まる。

夫が自殺し、身寄りのなくなったブランチは妹ステラをを頼ってニューオーリンズにやってきたのだった。

もともとは名家の出身の彼女は高慢なところがあるのだが、ステラの夫スタンレーは粗暴な工場労働者で、ブランチの態度が気に入らず、ことあるごとに彼女を罵倒する。

ステラはいつも夫と姉の中に割って入り、姉をかばうのだが、二人の仲は険悪になる一方だった。

夫の死後、ブランチは精神を病んでいた。

ブランチは故郷では頭のおかしい女と言われ、逃げるようにこの地にやってきたのだった。

年老いていき、若さと美貌が失われていく恐怖。

「厚化粧で隠しているが、自分の顔をよく見てみろ」と、スタンレーに激しく詰め寄られるブランチ。

ニューオーリンズに来る前から精神が不安定だったブランチを、徹底的に追い詰めていくスタンレー。

それでもブランチはスタンレーの同僚のミッチとの結婚を期待するが、故郷での醜い過去を暴かれ、彼女の精神は完全に崩壊するのだった。


主演のヴィヴィアン・リーは本当にすごい演技をする女優です。

実際に精神不安定だったにも関わらず、さらに精神不安定なブランチ役を迫真の演技で見せてくれます。

ブランチを演じるヴィヴィアン・リーがアカデミー賞主演女優賞、ステラ役キム・ハンターが助演女優賞、ミッチ役カール・マルデンが助演男優賞を獲っていますが、唯一マーロン・ブランドだけが主演男優賞を逃してしまいました。

たくましい外見と高くハスキーな声が魅力的な彼ですが、気性が荒く問題を起こしてばかりだったようです。

作品中のスタンレーそのもののようですね。

渾身の名作「ラストタンゴ・イン・パリ」を最後に、残念ながら駄作にばかり出演するようになってしまいました。

晩年は過食?太りやすい体質?で巨大化してしまったのも残念です。

原作者のテネシー・ウイリアムズですが、「去年の夏、突然に」や「イグアナの夜」、「蛇皮の服を着た男」」など、スキャンダラスな作品を発表し続けていて異色の劇作家です。

私は好きですが、作品を発表した当時はすごいバッシングにあったと想像できます。

本人の育った環境が作品に大きく影響しているようですが、すごい環境で育ったんですね……

エリア・カザン監督も好きな監督の一人です。

とはいっても、40年代の作品は知らないのですが、1950年の「暗黒の恐怖」から70年代の「突然の訪問者」、「ラスト・タイクーン」まで、ハイクオリティに見る者を楽しませてくれます。

関係ないけど、「ラスト・タイクーン」を見て、
ロバート・デ・ニーロ、若っ!しかも細い!と思いました。

話を戻します。

本作もまた人間の精神の崩壊を描いた映画で、好き嫌いは分かれると思います。

重い、苦しい、疲れる、が苦手な人にはお勧めできませんが、若いころはすごい美女だと言われたヴィヴィアン・リーが驚くような役どころを演じた衝撃作です。

マーロン・ブランドの荒々しいイメージを定着させた映画でもないでしょうか。

しんどい、重苦しい世界観好きなら、ぜひ見ておきたい一本だと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

1018

Author:1018
なかなか映画の話が合う人がいないので、
ここに、好き勝手いろいろ書いていこうと思います。
いいと思った映画しか載せないので、
ここに書いているのは、全部お薦めです!
たまに映画から脱線していますが、気になった映画は是非見てください(^▽^)

※あくまで個人的に映画の感想を書いて楽しんでおりますので、匿名での中傷的なコメントはご遠慮下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。