FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・ヒストリーX

American History X   1998年   トニー・ケイ




たまにマイナーな作品をちょこっと書くだけで、
基本的に王道のクラシック作品の感想ばっかり書いているのですが、ちょっと最近のものも書きたくなる時があります。

こちらは90年代に燦然と輝く名作です。
私の90年代のベスト5に入る作品です。

いや、多分ベスト1です。






黒人に父親を殺されたことで、ネオナチ、白人至上主義になった兄弟のデレクとダニー。

デレクは黒人を殺した罪で3年間刑務所で服役している。

弟のダニーはデレクの服役中にさらに白人至上主義に染まり、兄の帰還を待ちわびていた。

しかし刑期を終えて戻ってきたデレクは、以前とは別人のように変わっていた。

刑務所内では黒人から恨まれ、命の危険を感じていたデレクだが、ラモントという黒人と出会い、彼の心は次第に変化していったのだった。

黒人に対する強い怒りと憎しみを持っていたデレクが、胸に入れたハーケンクロイツを見るシーン。

そして、憎しみの連鎖を引き起こす衝撃的なラスト。

決して終わることのないアメリカの人種問題、その闇を抉り出した力作です。

昔、KKK(クー・クラックス・クラン)という白装束の怖すぎる集団がいましたが、今アメリカで問題になっているヒスパニック系移民の増加。

白人低所得者層のそれに対する抗議活動も見逃せない現実です。

アメリカの人種差別の根底には、宗教も関連しているのではないかと思われます。

私は日本では保守派の部類に入りますが、アメリカの感覚でいえば中道といった感じで、アメリカの宗教右派の思想というのは完全に行き過ぎ感があります。

キリスト教原理主義の極端な排他主義、ダーウィンの進化論否定、妊娠中絶の禁止など極端です。

今のヨーロッパにはない感覚で、アメリカがいかに宗教国家であるかを象徴していますね。

共和党の大統領候補は、支持母体である宗教右派に妊娠中絶の禁止に同意するという踏絵を踏まされるのだそうです。

かつて、大統領候補予備選に出馬していた(違ったか?)マケインさんは共和党所属にも関わらず、支持母体である彼らのことを「不寛容の輩」と発言していました。

ちなみにブッシュ前大統領(ジュニア)は福音派でしたよね。

タイトルにあるXにどんな意味が込められているのかはわかりませんが、マルコムXのXを連想させます。


……真面目な話をした後になんですが、こちらはエドワード・ノートンのかっこよさに気づかせてくれた作品でもあります。

同時期公開の「ファイトクラブ」でのヒョロい体から打って変わって、デ・ニーロもビックリのマッチョなカッコいい体を見せてくれます。

そういえば彼は昔、大阪に住んでいたらしく、少し日本語を話す姿を見たことがあります。

そんな彼がメガホンをとった「僕たちのアナ・バナナ」は絶対見たい!と思い、見たのですが、まず気になったのはその邦題。

アナ・バナナ?って………

そしてその後、彼は急激に失速してしまった気がします。
演技力があるのに、もったいないなぁ。

もう45歳なんですね。

あれ?
「フリーダ」に出てたっけ?

記憶があいまいです。

ダニー役のエドワード・ファーロングは「ターミネーター2」で、かわいらしい美少年でしたが、外見はそのままに大きくなっておりました。

でも、この後の作品を見ていないので、今はどうなっているのかわかりません。

トニー・ケイという監督ですが、完成したこの作品の出来が不満だったらしく、自分が監督した作品ではないと主張。

アラン・スミシー名義を要求したらしいのですが、受け入れられず、そのまま映画に名前がクレジットされることになりました。

なぜ、こんな素晴らしい作品を拒否するのか、常人には理解できません。

心に激しく突き刺さる作品で、人間の心に巣食う悪意、そこからエスカレートしていく憎悪をあぶりだした傑作だと言えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

1018

Author:1018
なかなか映画の話が合う人がいないので、
ここに、好き勝手いろいろ書いていこうと思います。
いいと思った映画しか載せないので、
ここに書いているのは、全部お薦めです!
たまに映画から脱線していますが、気になった映画は是非見てください(^▽^)

※あくまで個人的に映画の感想を書いて楽しんでおりますので、匿名での中傷的なコメントはご遠慮下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。