FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アポカリプト

Apocalypto    2006年    メル・ギブソン




メル・ギブソンというと、「ブレイブ・ハート」以前は俳優としていまいちパッとしませんでしたが、こちらでは監督として力量を存分に発揮しています。
最初から監督をしていればよかったのでは?というほどの素晴らしい出来です。




キリスト教が伝わる以前のユカタン半島。

主人公は静かな村落で妻子と共に暮らしているジャガー・パウ。

そんなある日、ジャガーの村をマヤ帝国の兵隊が襲撃する。

彼らは暴虐の限りを尽くし、ジャガーは奴隷としてマヤの都に連れていかれる。

そこで待ち受けていたのは残酷極まりない生贄の儀式だった。

次に自分が首を斬られる。

間一髪でそこから脱走することに成功したジャガーだったが、さらに過酷な運命が彼を待ち受けていた。

人間狩りの標的として追われる身となったのだ。

とにかく逃げなければ命はない。
壮絶な逃走劇が始まる。

ジャガーはマヤの兵士たちの追跡を必死でかわしていく。
命からがら妻子の元へ戻るのだが、目の前には静かに近づいてくる一隻の船があった……


地獄はこれから始まるのだという後味の悪いラスト。

見た後に嫌な気分になりますが、この息の詰まるような生の迫力、臨場感、生命の躍動感と言いますか、うまく表現できませんが素晴らしいです。

2時間20分ほどの長めの映画ですが、最後まで一秒たりとも緊張感が途切れることはありません。

CGなし、メジャー俳優にも一切頼っておらず、異例の全編マヤ語というこだわりっぷりです。

もっともマヤ語と言われても全くわかりません。

なんか歴史の真実と違う、首を切る儀式をやっていたのはアステカ帝国だ!という話を聞いたことがあるのですが、そんなことはどうでもいいです。

ただ面白いというだけで、エンターテイメントは成り立ちます。
面白けりゃいいんです!
面白いもん勝ちです!(笑)

同時期だったと思いますが、個人的には「300」とか、フルCGでなんの迫力も面白みもない、ただCGが目に痛いという感想でした。

こんなことを言ってしまうとCG業界で働く人は不快に思われるかもしれません。

もちろん、CGを使ったいい作品もあると思います。

痛いと言えば本作は痛い描写の連続です。
アメリカではR指定となっています。

作品からして、メル・ギブソンはかなりテストステロン値の高い攻撃的なマッチョだと想像してしまいます。

あと「アポカリプト」は「裸のジャングル」の盗作じゃないか!という噂を聞いたので「裸のジャングル」を観てみました。

なるほど、主人公が追いかけられるという設定は同じ。

しかしながら、「裸のジャングル」の主人公の逃走劇に恐ろしく緊張感がないと感じたのは私だけでしょうか?

「アポカリプト」を観た後だったからか、とてつもなくゆるい印象を受けました。

「裸のジャングル」が先とはいえ、全然スケールと迫力が違うし、比べ物にならないと思うのだが……

そしてタイトルの「アポカリプト」とは、ギリシャ語で「物事を露にする」という意味の動詞だそうです。

「地獄の黙示録」の原題が「アポカリプス・ナウ」だったので、てっきり似たようなニュアンスなのかと思っていました。

先ほど勝手にマッチョだと推測したメル・ギブソンですが、意外にも熱心なカトリック信者だそうで、民族純血主義でかつ、避妊や人工中絶反対論者だそうです。

推測がそんなに的外れではない気がしました。

この作品を観るまでは、たまにゴシップネタで取り上げられている人という認識しかなかったメル・ギブソンに対する見方が変わった一作です。

次回作が待ち遠しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

1018

Author:1018
なかなか映画の話が合う人がいないので、
ここに、好き勝手いろいろ書いていこうと思います。
いいと思った映画しか載せないので、
ここに書いているのは、全部お薦めです!
たまに映画から脱線していますが、気になった映画は是非見てください(^▽^)

※あくまで個人的に映画の感想を書いて楽しんでおりますので、匿名での中傷的なコメントはご遠慮下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。