FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨に唄えば

Singin' in the Rain     1952年     ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン


ミュージカル映画界に燦然と輝く大名作です。




主人公はサイレント映画黄金時代の大スター、ドン・ロックウッド。
今でこそスポットライトを浴びる彼だが、元々はダンサー。

スタントをしたり長い不遇の時代を経て、ようやく映画スターに上り詰めたのだった。

彼のモットーは「どんな時も誇りを捨てないこと。」

地道に経験を積んで成功した彼だが、目下の悩みは映画の話題作りのために恋人扱いでメディアに取り上げられる共演者のリナ。

ドンはスタント時代に既にスターだったリナに屈辱的な態度を取られていた。

彼女はサイレント期のザ・スターといった感じのわがまま女優。

そんな彼女の本性を知っているドンはリナにうんざりしているが、彼女はまったく空気を読んでいない。

そんな時にドンは偶然、舞台女優を目指すキャシーと出会う。

第一印象はお互い悪かったものの、彼女の歌と踊りの才能を知ったドンは彼女に惹かれていく。

キャシーもまた、きどらないドンの人柄に惹かれていくのだった。

2人の愛が深まる中、やがて時代はトーキー映画へ。

サイレント映画でヒット作を連発し続けたドンとリナの2人だが、トーキー映画で初めて観客に声を披露することに。

リナの外見とはかけ離れた甲高い声にファンは失望するだろうとドンを始め、製作会社は心配する。

そして、ドンとリナの主演による初めてのトーキー映画が完成するのだが、試写会は惨憺たる結果に。

自信を失ったドンはキャシーと親友のコズモに相談。

そしてリナの歌とセリフをすべて、キャシーが吹き替えるという奥の手を使うのだが…


トーキー映画初期段階の試行錯誤が面白い。

マイクを胸元につけると、動くたびにネックレスの音だけがじゃらじゃらと響く。
声を録音するため、役者はマイクの方を向いて演技しなければならない。

そして完成した映画はまるでコメディだと酷評され、ドンは自信を失うのだが…

音を録音するという制約の中での演技はリナには難しい。
声が拾えないと何度も音響係に怒られる。

これは慣れていないんだから仕方ないし、かわいそう。

そして、この映画、ミュージカルなので当然それが重要な見どころなわけですが、ジーン・ケリーとドナルド・オコナー、歌と踊りが人間業とは思えません。

とくにドナルド・オコナー!
「メイク・エム・ラフ」!

あの流れるような動きはすごすぎます。
超人です。

あといつも思うのは、女の人はヒールをはいている分、ハンデがありますね。

デビー・レイノルズに関わらず、よくあんなに踊れるなぁって思います。

足をくじきそう。

結末はハリウッド映画の王道的ハッピーエンドですが、典型的な悪役のリナがちょっとかわいそうに見えてしまう。

私はああいう自信家で高慢なタイプの女の人は、けっこう好きです。
むしろ、すがすがしいです。

そして20年代のファッションがとにかく楽しい。(とくにリナ)

ゴージャスでカラフルだけど、形は意外にシンプル。
きれいにセットされたカールヘアーに帽子がポイントです。

華やかなドレスから法廷に立つときのブラックスタイル、ツイードのスーツにパールの組み合わせ…

見てるだけで楽しい!
ファッション好きならワクワクするし、勉強になります。

そういや、ロブ・ライナーの「シカゴ」でも、
このファッションとヘアメイクは再現されていますね。

ロキシー(レネー・ゼルウィガー)とヴェルマ(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)の華やかなステージ衣装、対照的なヘアメイクが印象的な映画でした。

あれって30年代前半の時代設定だったかな。

そして言わずもがなの名曲「雨に唄えば」ですが、ダメだと思いつつ、ついついセットで「時計じかけのオレンジ」を思い出してしまう……

「時計じかけのオレンジ」は大好きな映画で、
名曲「雨に唄えば」は、あの暴力的シーンに実によく合っているのですが、こちらの本家本元の映画を観るときに思い出してしまうと、かなりまずいです。

オマージュ感がゼロです。
台無しです。

一度頭にインプットされると、残念ながら抜けません。

いや、どちらの作品も好きだし、ジャンルが違いすぎるので比較しようがないのですが…

あと調べてみると、ヒッチコックの「北北西に進路を取れ」で、ケイリー・グラントがお風呂に入るシーンのときにも「雨に唄えば」を口ずさんでいるらしいです。

気づかなかった。

「北北西に進路を取れ」、今度ちゃんと見直してみよう。

そんな風に後世の映画にも形を変えて登場する本作品。
時代を経ても色褪せない名作ミュージカルです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

1018

Author:1018
なかなか映画の話が合う人がいないので、
ここに、好き勝手いろいろ書いていこうと思います。
いいと思った映画しか載せないので、
ここに書いているのは、全部お薦めです!
たまに映画から脱線していますが、気になった映画は是非見てください(^▽^)

※あくまで個人的に映画の感想を書いて楽しんでおりますので、匿名での中傷的なコメントはご遠慮下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。