FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤルMを廻せ!

昨日はハロウィン本番ということで、街中で仮装姿の人々をたくさん見かけました。

そんな人たちを若干うらやましく思いつつ、帰宅。

現在「地獄の黙示録」を、ちまちま見ている途中なのですが、また脱線してヒッチコックに走ってしまいました。

なので、ブログが偶然にもビリー・ワイルダーとヒッチコックの交互になり、巨匠の超メジャー作の競演状態になってしまいました。

ちなみに忙しいというのは、やむなく忙しいわけではなく無理やり忙しくしているような状態です(笑)


Dial M for Murder    1954年
アルフレッド・ヒッチコック




金持ちの娘・マーゴと結婚した元テニス選手のトニー。
彼は彼女の財力に頼って、働かずに贅沢な生活を送っていた。

しかしある時、妻が不倫していることに気づく。

もし妻に離婚されたら自分はどうなるのか。
貧乏な暮らしはしたくない。

そこで彼は考える。
いかに自分が疑われずに妻を殺し、妻の財産を手に入れるか。

財産の相続人である自分が、いかに警察に疑われずに済むか。

そこに彼にとって、これ以上ない条件を満たした男が現れる。

その男はトニーの学生時代の先輩だったが、当時金を盗んだり、刑務所に入った過去があった。

トニーにとって弱みをつくには十分すぎるほど好条件の人物である。

男の名前はスワン。
名前を次々と変えては、あちこちを転々としていた。

恰好の獲物を見つけた今、トニーは1年もの間、温め続けた計画を実行しようとしていた。

彼はスワンを巧みに自宅アパートへ呼び出し、1000ポンドの報酬と、これまでの悪行をネタに脅し、妻のマーゴの殺害を持ちかける。

目の前に札束をぶら下げられたスワンは、早速計画に乗った。

計画実行の日、トニーは妻の愛人・マークを連れ出してパーティーに行き、アリバイ作りをする。

23時に自宅に忍び込んだスワンにトニーは電話で合図することになっていたのだが、トニーの腕時計が止まっていたため、計画は早くも狂ってしまう。

その上、マーゴと揉み合った末、スワンが死んでしまうという予想外のアクシデントに見舞われる。

こうなった以上、トニーが自分を守るために取った行動は妻を殺人者にでっちあげることだった。

偽装工作をし、スワンに脅されていたマーゴが故意に彼を殺したと警察に思わせるように計画を変更する。

殺人罪で逮捕されたマーゴは不倫をしていた事実から陪審員の心象が悪く、窮地に追い詰められていき、ついには死刑判決を言い渡されることになる。

トニーは完全犯罪を成し遂げ、妻の財産を手に入れたかに見えたのだが…

これだけ狡猾なトニーが事件後すぐにお金を使い始めるという軽率な行動をとることに少し違和感を感じましたが、終始緊張感が途切れることなく、一気に見終えることができました。

完全犯罪を計画しながらも、小さなほころびの積み重ねがトニーを追い詰めていきますが、彼はとっさに機転を利かし、そのたびに窮地を乗り切ります。

彼に完全犯罪を成し遂げてほしいという気持ちで、終始ハラハラしながら見ました。

ヒッチコックはティッピ・ヘドレンにパワハラしたり人としては微妙ですが、なんだかんだ言って映画は面白いです。

イギリス時代と晩年はパッとしなかったけど、この時期のヒッチコックの勢いはすごいですね。

ヒッチコックはグレース・ケリーを筆頭に、「ヒッチコック・レディ」と呼ばれるブロンドで上品な女優を好んで使っていますが、私は「めまい」のキム・ノヴァク、「マーニー」のティッピ・ヘドレンが好きです。

グレース・ケリーが結婚、引退していなかったら、もっとたくさんのヒッチコック作品に主演していたのかもしれません。

ラストシーン、一瞬の動揺を見せるものの、次の瞬間には落ち着き払って余裕を見せるトニーの敗北宣言は潔いです。

それとも本当は余裕なかったけど、平気アピールだったのか?

この作品、レイ・ミランド演じるトニーは妻を殺そうとする悪者なんですけど、グレース・ケリーが冒頭から不倫をしている時点で最初からトニーを応援する立場で見ました(笑)

完全犯罪を狙った完璧な計画。

いくら頭の中でシュミレーションしてみても、しょせん現実と違う。
トニーの頭の中では1年もの間、練り上げた隙のない計画のはずでした。

しかしすべて思い通りに運ばない。
それどころか、簡単に計画は自分の思い描いたものと別の方向に進んでしまう…

トニーを物語の冒頭から応援し、マーゴに対して敵意さえ感じた私としては残念な結果でした(笑)

マーゴの愛人・マークもうっとおしかった(笑)

ちなみにヒッチコックの勢いのある時期の傑作と言いながら、これの前作「私は告白する」は私の好きな俳優であるモンゴメリー・クリフトが主演でしたが、全然ダメでした……

本当、ヒッチコックってムラのある監督だ´・ω・`)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハロウィーンがらみで、仮装の人が増えているというのはニュースで観ました。それは都会の話、静かな地方都市に住むわれわれにとって、それは圏外の話ですw-、笑い。
 このところブログが書けていません。仕事がいろいろと忙しくて。いい訳がましい?休日も大掃除とか、山登りとか、ウオーキングとか、いろいろアウトドアの用事で疲れて、ぐっすり寝ています。ある意味健康的な生活ですよね、笑い。
 これはいつだったか?一度観ました。その時は何故か余り集中してなくて、印象に残っていません。この1018さんの映画評で、「え?そんな傑作だったのか」と改めて感心しました。すみません。ちなみに、グレース・ケリーは気品のある女優さんでしたね。ヒッチコックが惚れ込むのはわかるような気がしますねえ。

東京の方では、ハロウィン仮装の若者が警官を殴ったとか、ニュースになってましたね!

大阪も、梅田あたりでヒョウ柄の全身タイツ軍団とか見ましたよ(笑)

忙しい仲間ですね!(*´ω`)

休日は普段の忙しさを忘れるために、ひたすら遊ぶ予定を強引に入れてます(笑)

山登りにウォーキング、なんて健康な生活なんですか( ゚Д゚)

私は朝まで起きて、不健康極まりないです(´Д`)

私もこの作品は久々に観て、改めて「あれ?こんな緊張感のある映画だったか?」と、
いい意味で裏切られましたね!

ヒッチコックは「めまい」のときは、キム・ノヴァクを懇望し、
のちにはティッピ・ヘドレンのストーカーとなり…

わかりやすいブロンド美人好きですよね(笑)

グレース・ケリーはその筆頭格だと思います(^-^)

さすがの巨匠も、モナコ王室に入られると、手出しできませんね(笑)
プロフィール

1018

Author:1018
なかなか映画の話が合う人がいないので、
ここに、好き勝手いろいろ書いていこうと思います。
いいと思った映画しか載せないので、
ここに書いているのは、全部お薦めです!
たまに映画から脱線していますが、気になった映画は是非見てください(^▽^)

※あくまで個人的に映画の感想を書いて楽しんでおりますので、匿名での中傷的なコメントはご遠慮下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。